【目の下の悩みを直接ケア!】

クマが出来る原因とは?

目の下のクマというと、寝不足だけが原因と考えている人は少なくないのではないでしょうか。
しかし実はクマができる原因は睡眠不足だけではなく、クマのタイプによってできるメカニズムは異なっています。

 

睡眠不足で出来るクマ

睡眠不足が原因でできるタイプのものは、目の下が青っぽく見える特徴があります。
目の下には無数の毛細血管が張り巡らされており、睡眠不足や冷え性、目の疲労などで血行が悪くなるとこの毛細血管内の血液が滞って目立つようになり、皮膚上に青く透けて見えてしまう状態となります。

 

目の下の皮膚は特に薄いため、顔の他の部位に比べて毛細血管が透けて見えやすいためこうしたことが起こるのです。

 

色素沈着によるクマ

次に目の下が茶色っぽくくすんで見える茶グマと呼ばれるタイプのものは、色素沈着によって引き起こされます。
目の下の皮膚は薄いため刺激に弱く、摩擦や紫外線の影響を受けやすい箇所です。

 

そうした刺激を持続的に受けると次第にメラニン色素が増え、それによってシミができるのと同じように目の下がくすんで見えてしまうのです。

 

加齢によって起きやすいクマ

最後に黒クマと呼ばれるタイプは目の下の皮膚のたるみによってできます。
加齢によって目の下がたるむと、それまで皮膚があった部分にくぼみができてしまい、それが影のようになってできるのが黒クマです。

 

目元に充実した栄養を与えられるアイクリーム