【目の下の悩みを直接ケア!】

目のくまと腎臓疾患の関係はある?

仕事が忙しく残業続きで睡眠がとれないときや、身体的・肉体的に疲労がたまっているときにできてしまうのが目のクマです。
特に、現在では、仕事でパソコンのモニタとずっとにらめっこという人も増えたので、多くの人がクマができやすい環境にあります。

 

疲れて寝た次の日に朝に、鏡に映った自分の顔のクマに驚いた経験がある人も少なくありません。

 

クマは目の下にある脂肪が血管を圧迫してしまい、血管中が酸素不足になってしまうことによって発生します。

 

本来は赤い色のヘモグロビンが酸素不足によって暗い赤色になっているのが皮膚の上から黒ずみとなって見えるということです。
クマは他人に、疲れている印象を与えますし、不健康な印象を与えてしまいますので美容的にもよくありません。

 

注意したい目のクマの原因

しかしながら、もっと恐ろしい原因であることもあるのです。
それが、病気が関係している場合です。

 

腎臓疾患や肝臓の疾患により目のクマができている場合があるのです。

 

病気でクマが出ている場合は、睡眠不足や疲労などが解消されてもクマが消えないという特徴があります。
腎臓疾患や肝臓の疾患が治り、機能が回復しなければ消えないのです。

 

こういった消えないクマが出てきた場合には、念のため一度病院へ行くことをおすすめします。