【目の下の悩みを直接ケア!】

慢性的な目のクマの治療にはどんな方法があるの?

慢性的な目のクマは主に3種類あり、それぞれ原因、治療方法が違います。

 

青クマの場合

まず、血行不良が原因の「青クマ」です。

 

血流が悪いと、毛細血管が綺麗な赤色から青っぽい色になるため、クマができてしまいます。
青クマを解消するためには、マッサージや、入浴で血流を良くすると良いでしょう。また、体を冷やさないために、冷たい飲み物や食べ物を避けるのも効果的です。

 

茶クマの場合

2つ目は、色素沈着が原因の「茶クマ」です。

 

目の周りへの摩擦や、日焼け等による肌への刺激が、メラニン色素の生成を活発にし、色素沈着を起こします。
メラニンの生成を抑えるには、ビタミンCが効果的ですので、野菜や果物を摂取したり、ビタミンC入りの美白化粧品を使ったりすると良いでしょう。
また、目の周りへの刺激を極力少なくするようにしましょう。

 

黒クマの場合

最後に、加齢が原因となる「黒クマ」です。目の下の皮膚が薄くなることや、たるみが出てくることで、クマができているように見えます。

 

表情筋を鍛えることで、顔のたるみを引き締めることが出来ます。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸を含む化粧品を使うことで、目元にハリが戻ります。さらに、十分な保湿でクマが目立たなくなります。
目のクマの原因にあった正しい治療を行い、綺麗な目元を作りましょう。

 

目元のスキンケアに役立つアイクリーム