【目の下の悩みを直接ケア!】

目のクマと病気の関係とは?

試験勉強や仕事で夜更かしが続いたり、精神的・身体的に疲れているときにできてしまうのが目の下のクマです。

 

目の下のクマができる原因は、血行不良によるものと言われています。目の下にある脂肪が疲労等の原因によって前に出てくることで、毛細血管を圧迫し、血液中の酸素が欠乏し、本来赤いヘモグロビンの色が暗くなってしまいその色が目のクマとして見えているのです。

 

目のクマは美容的にも良くないので治しておきたいものですが、実は病気と関係しているケースがあるので、注意が必要です。

 

疾患による影響でできる目のクマ

疲労や寝不足で出ているものに関しては、体を休ませれば治っていくので問題はないのですが、腎臓病や肝臓病、糖尿病などによって症状として出ている場合があります。

 

こういった病気による目のクマと通常のクマは外見上の違いはありませんが、なかなか治らない場合には注意が必要です。
睡眠や休みを十分とっているのにクマ解消されない、なかなか消えないといった場合です。

 

こういった場合には病気によるものの可能性があるので、病院で診察を受けることをおすすめします。

 

通常のクマの場合は、体を休ませるほか、目の周りをマッサージしたり、暖かいタオルと冷たいタオルを交互に当てたりすることで血行の循環を良くすることで改善が望めます。