【目の下の悩みを直接ケア!】

目のクマの改善は病院に行ったほうがいい?

寝不足が続いたり、仕事などで残業が続き疲労がたまっていたりするとできてしまうのが目のクマです。
中には、仕事が慢性的に忙しく目のクマが恒常化してしまっている方も少なくありません。

 

目の下にクマができていると、一見して疲れていて不健康に見えますし、実年齢よりも老けてるように見えますので、美容的にも良くありませんので解消したいところです。
また、単に疲れやストレスでクマができている分には問題がないのですが、中には病気が原因でクマができていることもありますので、注意が必要です。

 

目のクマは疲れやストレスなどの原因によって、目の下の脂肪が前に出てくることで血管を圧迫し、本来赤いヘモグロビンの色が酸素不足によって暗くなることから発生します。

 

ですので、疲れやストレスといったものが原因の場合には、血行が改善すれば消えることが多いです。

 

目のクマと病気の関係はゼロではない

しかし、病気が原因のクマの場合は、体を休めたり、疲労を回復したり、血行を良くするためのマッサージをしたのに消えない特徴があります。

 

こういったクマができた場合は、腎臓病や肝臓や糖尿病などの病気によってクマができていることが考えられますので、すぐに病院で診察を受けることをおすすめします。