【目の下の悩みを直接ケア!】

目のクマと眼輪筋の関係とは?

自分の顔を鏡に映してみたときに、加齢と共に気になってくるのが目のクマですよね。
特に目の下のクマは色も悪く人相も悪く見えてきてしまうことから特に気になる部分だと思います。

 

こうした目のクマができる原因はいったい何なのでしょうか。
その原因の一つと言われているのが、眼輪筋という目の周囲になる筋肉の働きです。

 

年齢と共に低下する眼輪筋の筋力

人間は言葉を使うことができる動物ですから、年を取ってくると表情を作って意思を伝えるということが少なくなり、言葉で伝えることが多くなります。

 

よく高齢の方はだんだんと表情がなくなっていくのを目にされた経験があると思います。
表情が乏しくなるということは、顔の筋肉を使わなくなるということなのです。

 

そして目の周りにある眼輪筋も次第に衰えていくことになるのですが、この結果、目の周りにある毛細血管が滞留してしまうのです。

 

黒いクマの原因にもなる

いわば目のクマの部分にある静脈血の新陳代謝が行われず、くすんできたり黒く見えてしまったりするということなのです。
眼輪筋との関係があることが分かれば、対策はおのずとわかってきます。

 

つまり衰えた筋肉を鍛えなおすことによって、血流の改善を促し、目のクマの解消が期待できるということなのです。
スキンケアも同時にしながら気長にトレーニングを積むことが大切ですね。