茶クマ

MENU

【目の下の悩みを直接ケア!】

茶色い目のクマ(茶クマ)の原因と対策法とは?

目を擦る刺激で起きる色素沈着

茶色に見える目のクマができてしまう原因として、最も多いのが目をこすったりする摩擦によるものです。
それも、こする頻度が高ければ高いほど、目のクマの茶色が濃くなってしまうという結果が出ています。
したがって、目元をこする癖のある人は注意が必要です。

 

肌のダメージによる影響・色素沈着

次に考えられる理由としては、洗顔やメイクそれに紫外線による肌ダメージなどが挙げられます。
クマが気になる人は、顔を洗い過ぎないように気をつけたり、紫外線に当たらないように注意しなければいけません。
また、お肌を乾燥させてしまうと、ターンオーバーが乱れてクマができやすくなる原因となります。

 

茶色い目のクマの対策

紫外線対策

茶色い目のクマの対策法としては、まずUVケアを徹底するということが挙げられます。
くまの元であるメラニンが増える原因の1つに、紫外線の浴び過ぎが考えられるので、夏場はもちろんのこと、冬でもUVケアを怠らないようにしましょう。

 

色素沈着した肌のターンオーバー

また、美白成分が含まれている化粧品を利用するのも、よい対策法の1つです。
このような美白化粧品には、肌のターンオーバーをサポートする美白成分が含まれており、色素沈着のケアを行えるので、紫外線対策と同時に行っていくのがおすすめです。

 

 

スキンケアだけでなく、体の内側から栄養をしっかりと摂るということもクマ対策には重要です。
茶クマだけでなく、疲れによって起きやすい青クマ対策にもなりますので、外側のケアだけでなく、健康的な食生活を意識しましょう。